IRUK@BLOG

恋愛 / 心理 / 健康 / 栄養学 / マインド 体験談 雑記 / 書評 / 海外ドラマ 映画レビュー / これらをテーマにブログを更新中 詳しくは(https://www.irukablogdayo.com/entry/irukahairuka)

IRUKABLOG

【栄養素】ビタミンAとは

f:id:Teiii:20190503101629j:image

 

こんばんは、初めまして、IRUK@(いるか)です。

 

ビタミンには様々な種類がありますよね。ビタミンってどれも似たようなもんでしょ、と思われる方もいるかもしれませんが、実はそれぞれ違った効果があります。

 

今回は数あるビタミンの中でも、ビタミンAについて詳しくお話していきます。

 

 

ビタミンAとは

ビタミンAは、ビタミンの中でも脂溶性ビタミン(水に溶けにくく、油に溶けやすい)で、レチノールβカロテンなどの総称です。

 

レチノールは、鶏のレバーやホタルイカなどの動物性食品に多く含まれており、βカロテンは人参やカボチャなどの植物性食品に多く含まれています。

 

ビタミンAは、目が光を感じるのに必要な網膜の色素ロドプシンの主成分で、暗いところでわずかな光を感じるためには欠かせないものです。

 

また、皮膚や粘膜にある細胞の形成や維持に欠かせない栄養素で、細菌感染を防ぐなどの効果があり、子供の成長にも影響を与えるものとなっています。

 

ビタミンAを効率よく摂取するには、油脂と一緒にとると吸収が良くなります。また、動物性のレチノールと植物性のβカロテンをバランスよく摂取することも大切です。

 

とりすぎ・不足したとき

ビタミンAをとりすぎたとき、不足したときに人間の体にどのような影響をもたらすのか、ということについて説明していきます。

 

とりすぎたとき

頭痛嘔吐脱毛筋肉痛が起こります。

 

・妊娠中にとりすぎると、胎児に奇形が起こる場合があります。

 

肝臓障害が起こることがあります。

 

不足したとき

・乳幼児が不足すると、角膜乾燥症になって目が異常に乾燥し、最悪の場合失明する可能性があります。

 

・成長期に不足すると、骨や神経の成長障害が起こります。

 

・成人が不足すると、夜盲症になり、暗い場所での視力が低下します。

 

皮膚や粘膜が乾燥するなどの異常が起こります。

 

感染症にかかりやすくなります。

 

まとめ

ビタミンAは、目の網膜の構成成分となり、皮膚や粘膜の健康を保つのに必須の栄養素ですね。感染症を防いだりなど健康を維持するためにも欠かせません。

 

美容面では、良い肌の状態を保ったり、シワを改善するという効果もあります。

 

積極的にとっていきたい栄養素のひとつですね。

 

DHC 天然ビタミンA 30日分 × 2袋

新品価格
¥2,480から
(2019/5/3 19:08時点)