IRUK@BLOG

恋愛 / 心理 / 健康 / 栄養学 / マインド 体験談 雑記 / 書評 / 海外ドラマ 映画レビュー / これらをテーマにブログを更新中 詳しくは(https://www.irukablogdayo.com/entry/irukahairuka)

IRUKABLOG

【栄養素】ビタミンB1とは

f:id:Teiii:20190531125446j:image

 

こんばんは、初めまして、IRUK@(いるか)です。

 

今回は、数あるビタミンの中でも、脳や神経の働きに影響を与えるビタミンB1についてお話していきます。

 

 

ビタミンB1とは

ビタミンB1は、糖質がエネルギーに代謝されるときに必要となる栄養素です。

 

代謝の過程で複数の酵素を助ける補酵素として働くほか、疲労物質の処理にも関わっているんですね。

 

糖質の摂取量が多い日本人はビタミンB1が不足しやすいので、積極的にとっていきたい栄養素の1つですね。

 

また、脳や神経の働きを正常に維持するほか、アルコールの分解にも関係しています。

 

ビタミンB1は、未精製の穀類や豚肉、豆類や種実種、魚介類ではうなぎなどに多く含まれています。ビタミンB1は尿中からすぐに排泄されてしまうので、なるべく3食で補うと良いでしょう。

 

とりすぎ・不足したとき

ビタミンB1をとりすぎたとき、不足したときに人間の体にどのような影響をもたらすのか、ということについて説明していきます。

 

とりすぎたとき

・通常の食生活では見られません。

 

頭痛不眠皮膚炎などが報告されています。

 

不足したとき

・疲労物質がたまって疲れやすくなります

 

・慢性的に不足して末梢神経に障害が起こると、脚気になります。

 

・慢性的に不足して中枢神経にマヒが起きると、ウェルニッケ脳症になります。

 

まとめ

日頃の疲れを取るためにも、疲労物質を処理してくれて脳や神経に良い影響を及ぼすビタミンB1は、日頃から積極的にとっていきたいですね。

 

また、上でも言いましたが特に日本人は糖質を多く摂取するため、ビタミンB1が不足しやすいので要注意ですね。

 

日頃からバランスの良い食事を心がけていきましょう。

 

DHC ビタミンBミックス 徳用90日分

新品価格
¥518から
(2019/5/31 15:42時点)