IRUK@BLOG

恋愛 / 心理 / 健康 / 栄養学 / マインド 体験談 雑記 / 書評 / 海外ドラマ 映画レビュー / これらをテーマにブログを更新中 詳しくは(https://www.irukablogdayo.com/entry/irukahairuka)

IRUKABLOG

【栄養素】ビタミンEとは

f:id:Teiii:20190517193351j:image

 

こんばんは、初めまして、IRUK@(いるか)です。

 

今回は数あるビタミンの中でも、細胞の老化を防ぎ、血流をサラサラにしてくれるこのビタミンEについてお話していきます。

 

 

ビタミンEとは

細胞膜を構成するリン脂質は、酸化されやすい不飽和脂肪酸を多く含みます。この不飽和脂肪酸が酸化されて過酸化脂質ができると、細胞の老化が進み細胞が損なわれてしまいます。

 

ビタミンEはおもに細胞の中に存在しており、不飽和脂肪酸が酸化される前に自分が酸化されることで、過酸化脂質ができるのを防ぎます。

 

ビタミンEのこの働きによって、細胞の老化やガン化を防いでいるんですね。

 

また、悪玉であるLDLコレステロールの酸化も防ぐことから、動脈硬化の予防血流改善効果も期待されています。ほかにも、毛細血管の拡張作用性ホルモンの生成や分泌などにも関係しています。

 

食品では、ひまわり油などの植物油、アーモンドなどの種実種魚介類などに多く含まれています。紫外線に弱いので冷暗所で保存すると良いでしょう。

 

ビタミンEの効率的な摂取方法は、油脂と一緒にとると吸収が良くなります。とは言いても日本人は油脂のとりすぎの傾向があるのでとりすぎには気を付けましょう。また、抗酸化作用の強いビタミンAやCと一緒にとると、より抗酸化作用が高まります。

 

とりすぎ・不足したとき

ビタミンEをとりすぎたとき、不足したときに人間の体にどのような影響をもたらすのか、ということについて説明していきます。

 

とりすぎたとき

・通常の食生活では体への影響はないが、出血リスクが高まるという報告があります。

 

不足したとき

・長期間不足すると、赤血球の膜がもろくなり、溶血性貧血の原因になります。

 

・成人の運動機能の低下神経機能の異常などが起きます。

 

動脈硬化やそれによる生活習慣病のリスクが高まります。

 

老化のリスクが高まります。

 

まとめ

よくドラッグストアなんかにビタミンEの美容効果をうたったアーモンドチョコレートなんかが売っていますが、個人的に好きでよく食べています。ほかにも、ビタミンEは美容系の商品で見かけることが多いですね。

 

ビタミン類の抗酸化作用は、美容とアンチエイジングに良いので積極的にとっていきたいですね。

 

DHC 天然ビタミンE(大豆) 60日分 60粒×1袋入

新品価格
¥607から
(2019/5/17 19:58時点)