IRUK@BLOG

恋愛 / 心理 / 健康 / 栄養学 / マインド 体験談 雑記 / 書評 / 海外ドラマ 映画レビュー / これらをテーマにブログを更新中 詳しくは(https://www.irukablogdayo.com/entry/irukahairuka)

IRUKABLOG

【栄養素】ビタミンKとは

f:id:Teiii:20190524165114j:image

 

こんばんは、初めまして、IRUK@(いるか)です。

 

今回は、数あるビタミンの中でも、ビタミンDと似たような働きをするビタミンKについてお話していきます。

 

 

ビタミンKとは

肝臓で血液を凝固させる物質であるプロトロンビンが作られるときに、補酵素として働きます。このため、ビタミンKは止血ビタミンとも呼ばれています。

 

出血箇所以外では、血液は固まらずに流れている必要があります。ビタミンKはそのために必要な、凝固を抑制する物質の合成にも関わっています。

 

また、丈夫な骨を作るのにも欠かせないビタミンで、ビタミンDがカルシウムの吸収を助けるのに対して、ビタミンKはカルシウムを骨に取り込む働きをします。

 

ビタミンKは腸内細菌によって作られますが、量が少ないため食品から取り入れる必要があります。

 

食品ではおもに、納豆やモロヘイヤなどに多く含まれています。

 

とりすぎ・不足したとき

ビタミンKをとりすぎたとき、不足したときに人間の体にどのような影響をもたらすのか、ということについて説明していきます。

 

とりすぎたとき

・通常の食生活では見られません。

 

血栓症の人やワルファリンなどの抗凝固薬を服用している方は摂取量に注意が必要です。

 

不足したとき

骨粗鬆症のリスクが高まります。

 

・新生児は、腸内細菌による合成が不十分なので、欠乏して出血しやすくなることがあります。

 

まとめ

ビタミンKは、ビタミンDと同様に丈夫な骨を作るのに必要不可欠な栄養素だということがわかりましたね。また、血液にも大きく関わっていて、血液の凝固や凝固を抑制する物質の合成にも関係しています。

 

健康的で丈夫な骨を作っていくためにも、ビタミンKは積極的に摂取していきたい栄養素ですね。

 

ビタミンK 30日分

新品価格
¥840から
(2019/5/24 16:59時点)