IRUK@BLOG

恋愛 / 心理 / 健康 / 栄養学 / マインド 体験談 雑記 / 書評 / 海外ドラマ 映画レビュー / これらをテーマにブログを更新中 詳しくは(https://www.irukablogdayo.com/entry/irukahairuka)

IRUKABLOG

これだけは知っておきたい!『ビジネスマナーBOOK』 岩下宣子

f:id:Teiii:20190505191825j:image

 

こんばんは、初めまして、IRUK@(いるか)です。

 

本書を購入したのは、居酒屋で働き始めた頃だったと思うので、もう3年くらい前に購入したやつですね。

 

やはり社会人になって会社に属したり、接客業で色んな人と関わっていくときに、最低限のマナーは身に付けておきたいなと思って購入した記憶があります。

 

ということで今回は、岩下宣子さんの『ビジネスマナーBOOK』の書評をしていきます。

 

 

書評

目次

 

Part 1 身だしなみのマナー

 

Part 2 職場のマナー

 

Part 3 人間関係のマナー

 

Part 4 接客のマナー

 

Part 5 仕事のマナー

 

Part 6 会話のマナー

 

Part 7 電話とメールのマナー

 

Part 8 社外でのマナー

 

Part 9 食事のマナー

 

Part 10 冠婚葬祭のマナー

 

本書は、こちらの10パートで構成されています。

 

接客業をしている方やビジネスマンは特に人との交流が多いので、身だしなみに気を付けなければなりませんし、どんな職種の方でも取引先との交流などがありますので、言葉使い名刺交換などの最低限のマナーは身に付けておかなければなりません。

 

マナーは、絶対に身に付けなければならないものではないですし、なくても生きていけないことはないのですが、マナーを身に付けていると生きやすいですし、デキる人と思ってもらえることもありますし、いざというときにも役に立ちます。また、ビジネスで成功したいと思っている方などは、マナーやコミュニケーション能力といったものが不可欠ですね。

 

本書は、おもにビジネスや職場の人間関係などのマナーが多く書かれていますが、これらのことは、ビジネス以外でも役に立ちますし、食事のマナー冠婚葬祭のマナーも書かれていて、様々なシーンでのマナーの勉強になりましたね。

 

Part 2の職場のマナーでは、社会人としての心構え時間を守ることの意味など、知っている人は当たり前に知っている基礎的なことですが、この基礎をきちんとやるかやらないかで人間性も分かってくるのかななんて思います。

 

ビジネスマナーの本もたくさんありますが、本書を購入した理由は、イラストが多くスラスラ読めて分かりやすいということと、僕は結構本の著者や監修者を見るのですが、本書の監修者である岩下宣子さんは、マナーデザイナーとして企業や学校、公共団体などに指導していることで、かなり説得力があったので購入しました。

 

様々なマナーでも男女共通のものや、男性のマナー女性のマナーがあって、その違いが書かれていますし、良い例や悪い例も書かれていて見比べやすく分かりやすいのが良かったです。

 

マナーを身に付けたいと考えている方にはオススメの1冊ですね。

 

まとめ

マナーについては、ちらっと高校生のときに授業でやった記憶があったりなかったりなのですが、真面目な方ではなかったのでちゃんと勉強していなかったですね。そもそもマナーの必要性も分かりませんでしたし。

 

本というのは、当たり前ですが面白そうな物語を読みたい、自分の知らないことを知りたい、知っている分野をより詳しく知りたいと思って読む人が多いと思います。

 

つまり、高校生の頃にちゃんと勉強していれば、買っていなかったかもしれませんね。生きているうちは、マナーというのは必ずどこかで役立つので、興味がある方は是非一度読んでみてください。

 

これだけは知っておきたい!ビジネスマナーBOOK

新品価格
¥1,080から
(2019/5/5 19:37時点)