IRUK@BLOG

恋愛 / 心理 / 健康 / 栄養学 / マインド 体験談 雑記 / 書評 / 海外ドラマ 映画レビュー / これらをテーマにブログを更新中 詳しくは(https://www.irukablogdayo.com/entry/irukahairuka)

IRUKABLOG

ブログで食っていきたい方必見! 『ブログ飯 個性を収入に変える生き方』 染谷昌利

f:id:Teiii:20190324174600j:plain

 

こんばんは、初めまして、IRUK@(いるか)です。

 

ブログで食っていきたいと思っている多くの方は読んでいるであろうこの染谷昌利さんの「ブログ飯」。

 

この本は、文章がうまく書けるようになる本でも、アフェリエイトやグーグルアドセンスを使ったテクニックを紹介する本でもなく、染谷昌利さんの9年間の実績や経験、ブログで食っていくことの心構えや覚悟などのマインドがつまった本になっています。

 

ブログを始めたばかりの方は、厳しい現実を知ることになりますが、同時に本気になれば誰でもブログで食っていくことは可能だということを教えてくれます。

 

僕はこの本を読んで、今自分がやっていることのモチベーションがさらに上がったので、今回は『ブログ飯 個性を収入に変える生き方』の書評をします。

 

 

書評

 

まず最初に、「ブログ飯」はブログで食っていきたい方向けの本になので、趣味の1つとしてブログを書いてる方には向かない本かもしれません。

 

「ブログ飯」は、6つの章で構成されています。

 

第一章 私が「ブログ飯」になるまで

第二章 ただのブログを「飯が食えるブログ」に変える

第三章 継続して成果を出すブログの違い

第四章 個人でお金を稼ぐということ

第五章 SNSことはじめ

第六章 突き抜ける技術

 

最初の章では、ブログを始めたばかりの方がどうやって「飯を食えるブログ」にするのかについて基礎的なノウハウが書かれており、章が進むにつれ、求められるものが増えてきてたり、難易度も上がってきます。

 

僕は、第六章の「突き抜ける技術」が印象的で、ある程度失敗を重ねてきた人向けに書かれており、ブログを始めたばかりの人にはわかりずらい内容だとご本人も語っています。この章では、他の章に比べ厳しい内容が書かれており、ブログを始めたばかりの僕はひやっとするような内容でしが、これをブログを始めたばかりの僕が読んだことで、「おっしゃやってやる!」という強い気持ちになれました。ブログを始めたときみたいに再び帯をきっちり結ぶことができました。

 

また、第六章のあとに特別コラムとして、染谷昌利さんの奥さんが書いたコラムも印象的でした。今でこそネットビジネスというのは世に知られるようになってきましたが、やはりまだこの社会には、ネットビジネスに対する偏見というのが残っています。そんな中、会社を辞めてブログで飯を食っていくと決意した染谷昌利さんに対して、奥さんがどういう反応したのか、どういう風に接してきたのがリアルに描かれています。このコラムでは、旦那さんもしくは奥さんが、何かを始めたい、何かに挑戦したいと告白されたときの参考になるかもしれません。

 

まとめ

失敗を積み重ねてきて成功した染谷昌利さんの経験や知識がリアルに描かれており、その言葉には、かなりの説得力があります。こんなノウハウをこの値段で買えていいのかと思ったほどです。

 

ブログなどのビジネスは、すぐにお金になるわけではないですし、それこそよく見る「楽に稼げます!」「副業で月収100万円!」なんてこともありえないので、挫折する人も多いですよね。なのでコツコツとしっかりとした目的を持って続ければ、間違いなく自分は成長しますし、ライバルもいつの間にか消えていきます。

 

ブログを初めて1ヶ月になりますが、ほんまに早い段階でこの本を読むことができて良かったですね。また、この本はそんなブログを挫折してしまった人にもオススメの本です。あなたの中でなにかが変わるかもしれません。

 

僕は、これからもたくさんの失敗を経験し、カメのように一歩一歩しっかりと成長していきます。

 


ブログ飯 個性を収入に変える生き方