IRUK@BLOG

恋愛 / 心理 / 健康 / 栄養学 / マインド 体験談 雑記 / 書評 / 海外ドラマ 映画レビュー / これらをテーマにブログを更新中 詳しくは(https://www.irukablogdayo.com/entry/irukahairuka)

IRUKABLOG

【アニメ映画】秒速5センチメートル 新海誠 感想 ネタバレ

f:id:Teiii:20190331154819p:plain

 

こんばんは、初めまして、IRUK@(いるか)です。

 

最近暖かくなってきて桜の季節にもなってきましたね。この季節になるといつも観たくなるのがこの秒速5センチメートルですね。この間ふとYouTubeで、この映画のBGMである「思い出は遠くの日々」を聴いていたら懐かしさで心がいっぱいになりました。

 

桜の季節でもありますしかなり思い出深い大好きな映画の1つなので、今回は秒速5センチメートルのレビューや感想を書いていきます。

 

 

 

概要

監督・脚本・製作総指揮 新海誠

 

出演者 水橋研二 近藤好美 尾上綾華 花村怜美 水野理沙 寺崎裕香

 

音楽 天門

 

公開日 2007年3月3日

 

上映時間 63分

 

製作国 日本

 

Wikipediaより引用

 

『秒速5センチメートル』は『雲のむこう、約束の場所』に続く、新海誠の第3作目の劇場公開作品です。

 

この作品は、「桜花抄」「コスモナウト」「秒速5センチメートル」の短編3話で構成されており、惹かれ合っていた男女の時間と距離による変化が描かれています。

 

キャッチコピーは、「どれほどの速さで生きれば、きみにまた会えるのか」

 

感想

この映画ってもう12年も前の映画になるんですね。時間の流れというのは恐ろしいものですね。

 

新海誠監督と言えば、2016年8月26日に公開された映画『君の名は。』が大ヒットしたことで一気に名前が世に知れ渡りましたね。僕も『君の名は。』は映画館に3回ほど足を運びました。

 

そんな大ヒット作品を生み出した新海誠の『秒速5センチメートル』を観たことあるっていう人は今では結構多いじゃないでしょうか。『君の名は。』がヒットした頃は、TSUTAYAなんかも新海誠の作品はほとんど借りられない状態になっていましたからね。

 

『秒速5センチメートル』を初めて観たのは、僕が高校1年のときだったと思います。初めて観たときは、正直、主人公の遠野貴樹(とおのたかき)にひたすら腹が立ったのと、「え、これで終わり?」と思ったのと、BGMが良いなぁ、映像が綺麗やなぁと思ったくらいでした。

 

本当に最初は、ストーリーがよく分からなくて「なんやこれ」と思っていたのですが、映像や音楽にとても引きこまれたのと、あの新海誠の独特の後味の悪さにハマってしまい、気が付いたら何回も観るようになっていました。ひどいときは毎日のように観ていましたね。

 

『秒速5センチメートル』は、時間や距離がテーマになっていて、小学校の同級生だった遠野貴樹(とおのたかき)篠原明里(しのはらあかり)は、小学校の頃は仲が良く、お互い惹かれ合っていたのですが、小学校を卒業と同時に篠原明里が引っ越しすることになり、お互いの距離が離れていきます。

 

そして、今度は遠野貴樹が中学校を卒業と同時にさらに遠い種子島に引っ越し、二人の距離はさらに遠くなります。

 

最初の頃は手紙を出し合ったりしていたのですが、途中から出さなくなっていってしまうのが本当に虚しいですね。現実の距離だけでなく、心の距離も離れていっちゃってるわけですよ。

 

遠野も篠原も中学校の頃から、考え方が大人過ぎたんでしょうね。ちゃんと連絡を取り合ったり定期的に会ったりしていればまだなんとかなったかもしれないのに。色々考え過ぎていたんでしょう。

 

最終的には、2人は結ばれずバッドエンドで終わりを迎えるのですが、今思うとあの結末でハッピーエンドだったんじゃないかと思うようになりました。遠野にとっても新たな一歩が踏み出せるようになったのは大きかったと思います。

 

まとめ

僕が当時この作品から受けた影響というのは、かなり大きくて、哲学や心理学にハマったり、痛いポエムを書き始めたりもしました。教室の窓からひたすら外を眺めるようになったり、真っ暗な部屋でこの映画をひたすらリピートしたり、そんな黒歴史を築いてくれた作品でもあります。

 

また、その時の写真は残っていませんが、高校の頃にネットで知り合った東京の友達と『秒速5センチメートル』の聖地にも行ったことがあります。だいぶ歩いたのを覚えています。懐かしいです。

 

僕が思うにこの作品は、恋愛の悩みがある方が観ると、どっぷりと良い方向にも悪い方向にも浸かれると思います。まあまあ鬱アニメなので、自分と照らし合わせることで楽になりますが、なかなか抜けれなかったりします。かなり面白くてハマってしまう作品ですが、特に失恋真っ只中の方は注意して観ることをオススメします。

 

秒速5センチメートル 通常版 [DVD]

新品価格
¥3,099から
(2019/4/1 17:44時点)

 

映画サイト紹介

最後に、無料で閲覧できる映画紹介サイト【MIHOシネマ】をご紹介したいと思います。

 

映画が好きという方で、映画のサイトやブログを見るという方は少なくはないと思います。そんなときにオススメなのがこの【MIHOシネマ】という映画サイトです。

 

こちらのサイトなにがすごいかって、記事数がなんと6500記事以上もあり、色々な映画情報が細かくまとめられています。【MIHOシネマ】さんがあと3500記事以上更新すれば、あの【Hulu】の作品数の約5分の1の作品情報を【MIHOシネマ】で見ることができるんですね。しかも完全無料です。

 

また、自分の好きな俳優を検索できる機能も付いており、検索した俳優が出演している映画情報を見ることもできます。ほかにも、アクション、ファンタジー、ホラーなどの映画のジャンルが20以上もあり、自分が好きなジャンルから新しい作品を発掘するこも可能です。

 

映画好きの僕も、なにか観たことのない映画を観たいときなどに利用させてもらっています。みなさんもぜひ一度ご覧になってみてください。

 

【MIHOシネマ】 ⇒ https://mihocinema.com