IRUK@BLOG

恋愛 / 心理 / 健康 / 栄養学 / マインド 体験談 雑記 / 書評 / 海外ドラマ 映画レビュー / これらをテーマにブログを更新中 詳しくは(https://www.irukablogdayo.com/entry/irukahairuka)

IRUKABLOG

放っておくと全身に症状を引き起こす『眼精疲労』について

f:id:Teiii:20190530173143j:image

 

みなさんは眼精疲労というものをご存知でしょうか。

 

眼精疲労は、目を使った作業を長時間続けることで、目の痛みや充血などの目の症状のほかにも、頭痛や肩こりなど全身にも症状が起こります

 

体を使った仕事ではあまりこのような症状には悩むことはないのですが、特に一日中パソコンなどに向き合っているデスクワークの方は、この症状になる人が多いと思います。

 

今回は、放っておくと全身にも症状を引き起こす眼精疲労についてお話していきます。

 

 

眼精疲労の仕組み

長時間のデスクワークやスマホ画面を見ることで、日頃から目の疲れを感じている人は多いと思います。

 

この目の疲れを、ちょっと疲れているだけと放置してしまいがちですが、放っておくと全身的な血流障害にまで至る可能性がありとても危険です。

 

目には水晶体というレンズがあって、両端についた毛様体筋という筋肉が厚みを調整してピント合わせを行っています。

 

毛様体筋は自律神経によって調整されていて、交感神経が優位になると毛様体筋がゆるみ、レンズが薄くなって遠くにピントが合います。副交感神経が優位になると毛様体筋が縮み、レンズが厚くなって近くにピントが合うという仕組みになっています。

 

なぜ眼精疲労を引き起こしてしまうのかというと、仕事中は適度な緊張感が欠かせないため、どうしても交感神経が優位になります。遠くにピントを合わせようとしてもデスクワークでは近くにばかりピントを合わせるため、副交感神経が優位になり、レンズを厚くしようとします。この状態が長く続くことで自律神経が疲弊して眼精疲労を引き起こしてしまうんですね。

 

さらに眼精疲労がたまると、異常に血圧が上がり交感神経の強い緊張状態になることがあります。この状態が続くと、疲れがどんどんたまっていって全身の血流が滞り、やがては組織破壊を引き起こすので注意が必要です。

 

眼精疲労にならないために

まず大切なことは、適度な休憩をとることです。忙しいと休むのを忘れて長時間パソコンとにらめっこしてしまいますが、このとき目には相当な負担がかかっています。

 

ある程度離れたテレビを見るのとは違って、パソコンの画面は文字を読むなどして何時間も集中して凝視するため、目にはテレビを見るときの2倍の負担がかかると言われています。

 

また、長時間パソコンを凝視しているとドライアイの原因にもなるので、こまめに休憩をとる習慣を付けることが大切ですね。休憩の目安は、1時間のパソコン業務に対して10~15分の休憩が理想です。

 

目に良いと言われる成分を中心に、バランスの良い食事を心がけるのも大切です。

 

たとえば、ビタミンAは目の粘膜を守り、網膜を健康な状態に保ってくれるロドプシンの再合成を活性化してくれます。

 

ビタミンAは、緑黄色野菜、うなぎやレバーに多く含まれており、モロヘイヤやトマト、かぼちゃに含まれるβカロチンは体内でビタミンAに変わるので、不足のないように摂取することを心がけましょう。

 

ビタミンAは脂溶性ビタミンなので、油脂と一緒に取ると吸収率が高まりますが、とりすぎた場合は、不要な分は排出されるのではなく肝臓に蓄積され、過剰症の心配もあるので、あくまでバランスよく摂取することが大切です。

 

ビタミンA以外にも、頭が良くなると言われているDHAが視力の向上にも役立つという研究データもあります。まぐろの油を摂取することによって視力の向上網膜反射能の向上ドライアイが改善されたなどの報告も多数あるので、疲れ目には青魚もオススメですね。

 

www.irukablogdayo.com

 

DHC 天然ビタミンA 30日分 × 2袋

新品価格
¥2,598から
(2019/5/30 19:47時点)

まとめ

眼精疲労は、そのうち治るだろうとおおごとに捉えず、放置していると怖いものですね。目だけではなく全身にも症状を引き起こしてしまうんですね。

 

普段あまりケアしきれていない目にも気を配り、酷使しすぎないように適度な休憩とバランスの良い食生活を心がけることが大切ですね。

 

めぐりズム蒸気でホットアイマスク ラベンダー 12枚入

新品価格
¥864から
(2019/5/30 17:47時点)