IRUK@BLOG

恋愛 / 心理 / 健康 / 栄養学 / マインド 体験談 雑記 / 書評 / 海外ドラマ 映画レビュー / これらをテーマにブログを更新中 詳しくは(https://www.irukablogdayo.com/entry/irukahairuka)

IRUKABLOG

見るだけで語彙が増える 英単語の『語源図鑑』 清水建二 すずきひろし

f:id:Teiii:20190519190726j:image

 

こんばんは、初めまして、IRUK@(いるか)です。

 

みなさんイングリッシュは好きですか?僕は好きですが得意ではありません。矛盾してますね。

 

英語は単語だとか文法だとか覚えることがいっぱいで大変ですよね。そのうえ日本人は英語で話す機会が少ないので英語が下手だと言われています。あとは発音を気にしちゃうとかね。サムライアクセントが好きな人もいるらしいので発音はあまり気にしなくても良いみたいです。

 

そんなことより、英語を覚えて理解するためにはやはりたくさんの英単語を覚えることが大切だと思うんですよね。文法とかよりも。

 

ということで、今回は、英単語をより効率的に覚えることができる、英単語の『語源図鑑』の書評をしていきます。

 

 

書評

目次

 

Chapter 1 ad-(~の方へ、~の方を)

 

Chapter 2 con-, com-, co-(共に)

 

Chapter 3 de-(離れて、下)

 

Chapter 4 sub-(下に)

 

Chapter 5 sur-, super-(上に、越えて)

 

Chapter 6 ex-(外に)

 

Chapter 7 pro-, pre-, for-(前に、前で)

 

Chapter 8 re-(再び、元に、後ろに)

 

Chapter 9 in-, im-, en-(中に、上に)

 

Chapter 10 ab-, dis-, se-(分離、否定、反対)

 

Chapter 11 un-, im-, in-, a-(否定)

 

Chapter 12 mono-, uni-, bi-, du-, tri-, multi-(数)

 

本書は、この12チャプターで構成されています。

 

本書は発売当初からテレビで取り上げられたこともあって、もう50万部以上売り上げているみたいですね。それほど英語学習者には良い影響をもたらしているということでしょう。

 

僕が見てる某帰国子女YouTuberも、単語を覚えるためには語源を覚えるとスラスラ覚えることができたと言っていました。

 

この語源なんですが、日本の漢字で言うと部首みたいなもんですね。うかんむりだとかぎょうにんべんだとか、それぞれに似た意味がありますよね。

 

この語源を覚えるとなにが良いかって、知らない単語を見たときでもニュアンスで意味や読み方が分かっちゃいます。その結果、英単語もどんどん吸収できちゃうんですね。

 

実際に僕もこの本を読んでからだと英単語の吸収は良くなったと思います。体感的に。

 

本書で出てくる単語は、義務教育の英語学習の初期に出てくる単語よりは、TOEIC向けの単語が多いように感じます。

 

あとは、イラストが多めで可愛いので、字ばっかで疲れることもストレスになることもなくスラスラ読めました。

 

英語を1から始めたい方にも、もっと英語を勉強したい方にもオススメの1冊ですね。英検やTOEICの対策なんかにも良いと思います。

 

まとめ

英語学習は、目的や英語学習の楽しさを見付けないと持続するのは難しいと思います。本書を読んで、英単語を覚える楽しさ、英語が理解できる楽しさを身に付けると、英語の勉強がもっと楽しくなって成績も伸びるかもしれんせんね。

 

また、英語を使った仕事や海外での仕事など、英語を勉強することで自分の選択肢も広がります。

 

英語に興味はあるけどあまり勉強したことない、いつも挫折してしまう、という方はこの機会に本書を一度読んでみるのも良いかもしれんせんね。

 

英単語の語源図鑑

新品価格
¥1,620から
(2019/5/19 19:35時点)