IRUK@BLOG

恋愛 / 心理 / 健康 / 栄養学 / マインド 体験談 雑記 / 書評 / 海外ドラマ 映画レビュー / これらをテーマにブログを更新中 詳しくは(https://www.irukablogdayo.com/entry/irukahairuka)

IRUKABLOG

で、でた〜wwwwすぐ流行りに乗っかっちゃうミーハー奴〜wwww

f:id:Teiii:20190612021003j:image

 

こんばんは、初めまして、IRUK@(いるか)です。

 

流行のファッションをすぐに取り入れたい、まわりのみんながやっているから自分もやりたいと、すぐに流行に乗っかる人っていますよね。安心してください、僕もそうです。というかほとんどの人がそうです。

 

今回は、そんな流行に乗っかっちゃう人の心理についてお話していきます。

 

 

流行に乗る心理

人は皆、まわりの人と同じでいたいという気持ちと、まわりとは違っていたいという気持ちを併せ持っています。流行にはこういった心理が絡み合っているんですね。

 

社会学者のロジャーズは、流行が広まっていく様子を5つの過程に分類していて、流行を取り入れる時期は人それぞれです。

 

イノベーターは、まだ商品が流行するかもわからない時期に購入します。このように、流行の最先端を行く人は、まわりとは違っていたいという自己顕示欲が非常に強いタイプです。イノベーターに続くアーリーアダプターにも同じ傾向があります。

 

アーリーマジョリティレイトマジョリティなど、大多数の人が商品を購入する時期には、みんなと同じものが欲しいといった欲求が強く働きます。

 

なかには、流行遅れと思われたくない、自分だけ違うと思われたくない、という気持ちから商品を購入する人もいますね。

 

こういった心理を斉一性への圧力と言って、みんなと同じでいたい、目立ちすぎたくないという無意識の心理作用です。

 

それ以降に商品を購入する人やそもそも流行を意識しない人は、保守的なタイプまわりに振り回されないタイプと言えます。

 

また、人間行動学者のモリスによると、好景気のときはミニスカートが流行し、不景気のときはロングスカートが流行するようです。景気と流行は関係があるみたいですね。

 

イノベーター理論

流行に関わる人々を分類した、ロジャーズのイノベーター理論を紹介します。商品を購入する時期ごとに5つのグループに分けられています。

 

イノベーター(2.5%)

進んで新しいものを取り入れる革新的な人々。

 

アーリーアダプター(13.5%)

流行をいち早く取り入れる流行に敏感な人々。

 

アーリーマジョリティ(34%)

まわりと同調し、流行を取り入れる人々。

 

レイトマジョリティ(34%)

アーリーマジョリティにさらに追随する人々。

 

ラガード(16%)

流行に見向きもしないか、流行遅れの人々。

 

上に行くほど、まわりとは違っていたい、新しい自分になりたいといった欲求が強く、ラガードは除きますが、下に行くほど、まわりの人と同じが良い、憧れの存在をマネしたいといった欲求が強くなります。

 

まとめ

みなさんはどのタイプに当てはまっていましたか?

 

僕は、アーリーアダプターからレイトマジョリティらへんだと思っています。時期によって変わりますね。

 

どれが良くてどれが悪いということは全くないので、自分が流行に乗りたいと思ったら乗って良いし、乗りたくないと思ったら乗らなくても良いと思います。

 

たまに、流行に乗っているとミーハーと思われるじゃないか、量産型と思われるんじゃないかと思う人もいると思いますが、流行に乗っている人をミーハーや量産型と口に出して言う人は、自分はみんなとは違っていたいという欲求がかなり強い人です。また、自分がみんなと同じであることにコンプレックスを持っている人なので、あまり気にしなくていいですね。

 

好きなように流行に乗っかかっていきましょう。