IRUK@BLOG

恋愛 / 心理 / 健康 / 栄養学 / マインド 体験談 雑記 / 書評 / 海外ドラマ 映画レビュー / これらをテーマにブログを更新中 詳しくは(https://www.irukablogdayo.com/entry/irukahairuka)

IRUKABLOG

『惚れやすい人』『恋人が途切れない人』は常に不安を抱えている?

f:id:Teiii:20190422010621j:image

 

こんばんは、初めまして、IRUK@(いるか)です。

 

みなさんのまわりに、「すぐ人を好きになる」「なぜか恋人が途切れない」といった人はいませんか?もしくは、ご自身がそのタイプに当てはまるという方もいらっしゃるかもしれません。

 

僕も昔はすぐに人を好きになったりするタイプでした。

 

実はこのようなタイプの方は、常に不安を抱えている人だということがわかっているんですね。

 

今回は「惚れやすい人」「恋人が途切れない人」の特徴をお話していきます。

 

 

惚れやすい人は自己評価が低く、親和欲求が強い?

惚れやすい、恋人が途切れないといった人は、一見、自信があり自分の魅力を分かっている人のように思えますが、実際は自分に自信がなく常に不安を抱えており1人でいるのを嫌がるといった人が多いんですね。

 

このようなタイプの方は自己評価が低く、恋人に高い理想を求めないため、好意を寄せられたり優しくされるとすぐにその人を好きになっちゃうんですね。

 

また、このような方は自己評価が低いのと同時に、親和欲求が強い傾向にあります。親和欲求とは、まわりの人と友好的な関係をもち、それを維持したいといった欲求で、安心できる集団に受け入れてもらいたい仲間と一緒にいたい愛する人が欲しいといった欲求のことを言います。

 

この親和欲求が強い人の特徴として、電話やメールが好きな人アイコンタクトをとりたがる人意見が違う人を拒否する人などがあげられます。

 

もし、自分の恋人がこの特徴に当てはまる場合には、相手が落ち込んでいるときにそばにいて、力になってあげることが大切です。

 

いやらしい話ですが、自分の好きな人に恋人がいて、その好きな人が恋人と別れたときにこの心理が役立ちます。恋人と別れた直後は自己評価が低くなると言われており、このようなときに優しくすると普段よりもはるかに好意を抱きやすいため、相手を落とすチャンスだと言われています。

 

このため、相談者が多ければ多いほど恋人が途切れない、といったことになるのかもしれませんね。

 

惚れやすい、恋人が途切れないといった人はモテモテというのもあるのかもしれませんが、実は極度の寂しがり屋さんだったんですね。

 

不安な心理状態のときの親和欲求についての実験

心理学者のシャクターが行った実験で、被験者に電気ショックを与える実験を行うと告げ、実験を準備する間の待合室として個室が良いかほかの人と同じ部屋が良いかを選んでもらう、というものがあります。

 

この実験の結果、ほとんどの人がほかの人と同じ部屋を選んだという結果がでました。

 

この実験結果から、人は不安な状態になると1人でいるより誰かと一緒にいたいという親和欲求が高くなるということがわかりました。

 

上でも述べた好きな人が恋人と別れた直後は落とすチャンスというのは、この親和欲求の心理も働いているからだと言えますね。

 

まとめ

惚れやすい、恋人が途切れないのは全然悪いことではないのですが、もし自分が、色んな人を好きになってしまう、惚れやすくて困っている場合は、なにかで成果をだし、自分に自信を付けていくと良いですね。自分に自信を付けるのに最適なのが筋トレです。本当にオススメです。

 

筋トレがもたらす効果について過去の記事にまとめてありますので、是非参考にしてみてください。ちなみにこの記事はブログを始めて2日目に書いたものです。懐かしいです。

www.irukablogdayo.com

 

また、最近では「好きな人ができない」といった方も増えてきているそうですね。

 

この理由には、出会いがない出会いがあっても次のステップに進まない恋愛以外に熱中しているなどがあげられます。

 

個人的に、出会いがあっても次のステップに進まないというのが一番もったいないと思っていて、せっかく出会ってその人がタイプだったり、気が合いそうだなと思ったら連絡先を交換して連絡を取り合ったり二人で会ったりなど、積極的に行動することが大切だと思っています。

 

一期一会、その出会いはもう二度とないかもしれません。行動しないともったいないですね。