IRUK@BLOG

恋愛 / 心理 / 健康 / 栄養学 / マインド 体験談 雑記 / 書評 / 海外ドラマ 映画レビュー / これらをテーマにブログを更新中 詳しくは(https://www.irukablogdayo.com/entry/irukahairuka)

IRUKABLOG

これから仕事なのに朝から二日酔いでしんどい思いしてる奴wwww

f:id:Teiii:20190411161018j:image

 

こんばんは、初めまして、IRUK@(いるか)です。

 

みなさんは、次の日が仕事とわかっていてもついつい飲みすぎちゃって、朝起きると頭ガンガンの吐き気ヤバい二日酔いツライみたいな経験をしたことがないでしょうか?僕はあります。あれほんとにしんどいし仕事にならないですよね。

 

そこで今回は、そんなしんどい二日酔いを少しでも和らげる方法をお話していきます。

 

 

二日酔いの対処法

数々の飲み会をやってきた社会人の方ならご存知だと思いますが、二日酔いになってしまったときに最初にすることは、とにかくたくさんの水を飲むことです。

 

二日酔いとは、肝臓で分解しきれなかったアセトアルデヒドが血液中に流れ出すことによって起こります。アルコールには利尿作用があるので、飲むだけで体内の水分量が減り、酔いが残ってしまうんですね。

 

さらに、アルコールを摂取することは利尿作用のほかにも、アルコールを代謝する時にも大量の水分が必要となるので、軽い脱水症状になります。朝起きたときすごく喉が渇いているのはこれが原因ですね。

 

飲み会のときに二日酔いに効く食べ物を食べても、水分が足りていないと二日酔いの原因となるアセトアルデヒドの濃度を薄めることができないので、あまり効果を発揮できません。症状緩和のためにも寝るまえには必ず水分を取ってください。

 

食事の際には、血中のアルコールを排出しなければならないので、水分をため込むような食事は避け、水分を出すような食べ物を選ぶことが大切です。

 

水分をため込む物質と言えばナトリウムですね。塩分をとると体から水分が排出されにくくなるどころか、水分がさらに必要になってくるため塩辛いメニューは避けた方が良いと言えます。しかし、この塩辛い食べ物とお酒が本当によく合うので難しいところですね。

 

水分を排出する物質はカリウムで、これが豊富に含まれるフルーツ生野菜などがオススメです。

 

お茶やコーヒーも利尿作用があるので、適度に補給すると二日酔いの改善が早くなります。水分をたくさんとってアルコールを分解し、同時に排出していくことで、お昼または夕方ごろには酔いも抜けていることでしょう。

 

飲み会や二日酔いになってしまったときに是非実践してみてください。

 

まとめ

新年度が始まり、歓迎会や新しい仲間と飲みに行くなど、以前よりお酒を飲む頻度が多くなるという方も多いと思います。

 

最初の頃は、飲むペースがわからなかったりして失敗しやすいので気を付けてくださいね。二日酔いになったときにまたこの記事を参考にしていただけると嬉しいです。

 

僕は二日酔い対策として、飲み会のときは最初に必ず野菜系トマトスライスなどを頼むようにしています。よく女子かてめぇはと言われますが二日酔いを避けるためならなんでもしますとも。それでも調子乗って飲み過ぎちゃうのでどうしようもないのですが。

 

あと、飲み会の前は必ずヘパリーゼを飲むようにもしています。効き目がちょうど中間のハイパーを飲んでいます。実際に効きますし、これを飲んだから次の日は大丈夫と思い込めるプラシーボ効果もありますので効き目は抜群です。飲み慣れてきたらコンビニとかにも置いてるので試しに飲んでみてください。

 

ゼリア 『ヘパリーゼWハイパー』100ml X10本

新品価格
¥3,700から
(2019/4/11 18:19時点)