IRUK@BLOG

恋愛 / 心理 / 健康 / 栄養学 / マインド 体験談 雑記 / 書評 / 海外ドラマ 映画レビュー / これらをテーマにブログを更新中 詳しくは(https://www.irukablogdayo.com/entry/irukahairuka)

IRUKABLOG

上司は「4つ」のタイプに分けられる

f:id:Teiii:20190317022426p:plain

 

今日も1日お疲れ様です。

 

こんばんは、初めまして、IRUK@(いるか)です。

 

いつも職場で、部下たちに支持をだしたり組織を引っ張ってくれている、組織に欠かせない存在が上司ですね。

 

上司にとって必要不可欠なものといえばリーダーシップですが、良い上司もいれば悪い上司もいます。世間的にいう悪い上司とは、いわゆるパワハラだったりセクハラだったりなどのハラスメント行為を行う、嫌味をいったり発言と行動が矛盾していたり色々あげられますね。

 

良い上司と言えば、叱るときに叱ってくれながらも仕事をしかっりサポートしてくれて、組織をまとたり、部下の育成能力などのマネジメント能力が高い人があげられます。

 

それでは、良い上司、悪い上司とは具体的にどういうことを言うのか4つのタイプ別に見ていきましょう。

 

 

上司の4つのタイプ

タイトルにも書いてありますが、上司は4つのタイプに分けられます。

 

理想の上司タイプのPM型、平和主義タイプのpM型、仕事人間タイプのPm型、自覚不足タイプのpm型です。

 

このPは、performance(パフォーマンス)のPで、P機能と言います。これは目標やノルマ達成のために部下に働きかけることを言います。

 

そしてMは、maintenance(メンテナンス)のMで、M機能と言います。これは集団存続のために部下やメンバーなどに配慮することを言います。

 

これは、社会心理学者の三隅博士が提唱した、PM理論と言います。 

 

アルファベットの大文字は機能が強く、小文字は機能が弱いことを示します。

 

pM型 平和主義タイプ

部下の意欲や満足度など、精神面での対応を重視し、部下などをサポートをする優しいタイプ。しかし、仕事の面で部下に甘いところがあり、生産性は低い

 

接し方

上司の意見に賛同したり、仕事をたくさん教わるなどして接していると可愛がってもらえる可能性があります。

 

Pm型 仕事人間タイプ

仕事に積極的に取り組み、目標を達成する能力を持っている仕事熱心なタイプ。しかし、部下への配慮が少なく団結力に欠ける。

 

接し方

尊敬の気持ちを表現し、一緒に飲みに行くなどのコミュニケーションを取ると良いでしょう。

 

PM型 理想の上司タイプ

目標を明確に示し、目標を達成する力があります。また、人望もあり、組織をまとめる能力も優れている理想の上司タイプです。

 

接し方

素直で誠実な反応を心がけ、仕事に積極的に取り組んでいると自分のことを認めてくれるでしょう。

 

pm型 自覚不足タイプ

部下への配慮、組織をまとめる能力の2つが欠けており、生産性も低くリーダーとしては不十分なタイプ。

 

接し方

同僚と協力し合い、積極的に提案をだして仕事の質を高めていきましょう。複数意見なら聞いてくれる可能性があります。

 

まとめ

このことから、良い上司とはPM型の人のことをいい、悪い上司というのがpm型に当てはまりますね。

 

4つの上司のタイプを解説しましたが、あなたの上司はこのなかのどのタイプに当てはまりますか?また、上に立つ方はこのなかのどのタイプに当てはまっていますか?

 

部下の立場の方で、仕事に積極的な方であればpM型の平和主義タイプをあまり尊敬できなかったり、組織の人間関係を重視する方であれば、Pm型の仕事人間タイプがちょっと苦手と思う方もいると思います。

 

しかし、上司の方を理解し、上で紹介した接し方を心がけることで、自分も上司も少しづつ変わってくるかもしれません。

 

このPM理論は、上に立つ人の参考になるほか、部下である方が上司のタイプを知る参考にもなります。理想の上司タイプ以外の方は、自分を客観的に見て改善することができますし、部下の方はタイプごとにあった接し方をすることで、仕事がスムーズに進むようになるかもしれません。

 

余談ですが、アメリカの心理学者バーデン氏によると、リーダーは空気が読めない傾向にあるそうです。これは、「他人の目を気にする人間ほど、他人の思い通りにあしらわれてしまう傾向がある」からだそうです。全く空気が読めないのは、組織をまとめる人間として大丈夫なのか?と思いますが、上司には周りの目を気にしないという精神が必要かもしれませんね。

 

ちなみに、自分がリーダーだったときは、完全にpM型の平和主義タイプでした。もうみんなで楽しくやることばっか考えていましたから、みんなに対して甘々だったと思います。このPM理論も当時から知っておきたかったですね。

 

会社というのは、仕事の生産はもちろん欠かせませんが、同時に人間関係や職場の雰囲気も欠かせませんね。結局、職場の人間関係や雰囲気が生産性に関わってきます。

 

組織のみんなが力を合わせて理解し合い、みんなで良い職場を作っていくのが理想的ですね。