IRUK@BLOG

恋愛 / 心理 / 健康 / 栄養学 / マインド 体験談 雑記 / 書評 / 海外ドラマ 映画レビュー / これらをテーマにブログを更新中 詳しくは(https://www.irukablogdayo.com/entry/irukahairuka)

IRUKABLOG

【アニメ映画】君の名は。 新海誠 感想 ネタバレ

f:id:Teiii:20190428105117j:image

 

こんばんは、初めまして、IRUK@(いるか)です。

 

新海誠さんのアニメーション映画『君の名は。』が公開されてもうすぐ3年になるんですね。時の流れというのは早いものです。

 

新海誠さんが大好きな僕は『君の名は。』が公開されたときは3回映画館に観に行ったのを覚えています。

 

今回は、新海誠さんのアニメーション映画『君の名は。』について感想を書いていきます。

 

秒速5センチメートル

www.irukablogdayo.com

 

言の葉の庭

www.irukablogdayo.com

 

 

 

概要

監督・脚本・原作 新海誠

 

製作総指揮 古澤佳寛

 

出演者 神木隆之介 上白石萌音 長澤まさみ 市原悦子

 

音楽・主題歌 RADWIMPS

 

公開日 2016年8月26日

 

上映時間 107分

 

製作国 日本

 

Wikipediaより引用

 

『言の葉の庭』から3年ぶりとなる、新海誠さんの6作目のアニメーション映画です。

 

東京で暮らす瀧(たき)という少年と、飛騨の山奥で暮らす三葉(みつは)という少女の体が入れ替わるという謎の現象と、1200年ぶりに地球に接近するティアマト彗星をめぐる物語となっています。

 

2017年7月には日本国内の興行収入で、『千と千尋の神隠し』『タイタニック』『アナと雪の女王』に次ぐ第4位(日本映画では第2位)となりました。世界での興行収入だと、『千と千尋の神隠し』を越えて、日本映画の歴代1位となっています。

 

感想

僕が『君の名は。』映画館で3回観るほどハマった要因は、シンプルに面白いし感動したからですね。1回目より2回目、2回目より3回目の方が泣いちゃいました。映画館行くときは泣き顔を隠すためにマスク必須でしたね。もちろん誰も僕の顔を見るわけないのですがマスクあった方が思いっきり泣けると思ってね。

 

あとは、音楽を担当していたRADWIMPSとの相性がバッチリ過ぎましたね。映画館で大好きなRADWIMPSの曲が大音量で流れてほんとライブ感覚でした。2回目観たときは最初に流れる『夢灯籠』って曲で号泣しちゃいましたもん。歌詞と映画の世界観もマッチしてて良いんですよね。

 

『君の名は。』の予告編を見たときは、今までの新海誠さんの作品に比べて元気で明るい印象でしたね。主題歌の『前前前世』がアップテンポな曲だからというのもあったんでしょうけど。今までの作品だと、良い意味でちょっと暗くて、道徳的で、考えさせられるような作品が多いイメージだったのですが、『君の名は。』では、今までと違った新しい感じだなあと思いました。

 

今までの『秒速5センチメートル』などの世界観が大好きだったので、正直最初は少年と少女が入れ替わるというストーリーにあまり期待していませんでした。とは言ったもののやはり新海誠さんの作品は気になるので公開日には行けなかった思うんですが、すぐに観に行きました。

 

そしたらもう、良い意味でめちゃくちゃ裏切られましたね。最初は、予告でもやっていた通り少年と少女が入れ替わるって、コミカルでわくわくして楽しい感じだったのですが、中盤からの展開とか全然予想できなかったし、こんな重い話になるんかって思いました。三葉が瀧に黙って東京に会いに行ったときとかめちゃくちゃに切なかったし、二人の関係がちょっと遠くなっていった感じもしましたね。

 

でも、瀧が三葉と連絡が取れなくなって、気になって三葉が住んでいる町に行くのも熱かったし、だんだん記憶が薄れていくのも切なかったです。

 

やっとの思いで二人が出会って、そこでも感動して、愛の力ってすげえなって思って、町に落ちてきた隕石も二人の力と三葉の友達たちの力で何とか回避して、友情もかなり感じられました

 

それから、年月が流れて二人の入れ替わっていた頃の記憶とか、お互いの存在とか全部忘れちゃったんですけど、お互いが誰かをずっと探しているとずっと思っているんですね。運命的ななにかを感じますね。『誰かをずっと探している』ってワードも新海さんらしいワードですね。

 

瀧は相変わらずずっと東京にいるし、三葉も東京に来てるし、二人の距離めっちゃ近いやん、どうなるんやこれ、いつもみたいな感じで、モヤモヤして終わるんかなって思ってたら、電車のすれ違いざまに偶然二人の目が合って、お互いが探していた人はあの人だってなって、また二人が交わってハッピーエンドでした。

 

二人の目が合って、二人ともがハッとした瞬間は本当に涙腺崩壊でした。ハッピーエンドで良かったって思ったのと、新海誠さんの作品でちゃんと男女が良い結末を迎えられるところまで見れて、今まで報われてなかった人たちのぶんまで思うと、やっと報われたかって感じで色んな感情が一気に押し寄せてきましたね。映画でこんなに泣いたの久しぶりってくらい泣きました。

 

もうこれだけの大ヒット作品なので、観たことないという方は少ないと思いますが、まだ観たことがないという方は、是非一度観てみてください。

 

まとめ

新海誠さんと言えば、今年の7月19日に最新作である『天気の子』が公開されますね。最近YouTubeに予告動画が出てて、めちゃくちゃに感動しました。

 

しかも、『君の名は。』に続き、キャラクターデザインが田中将賀さん、音楽にRADWIMPSという豪華なメンバーとなりましたね。これは熱すぎる。

 

予告を見た印象は、今回は『君の名は。』のときみたいなわんぱく感?はなかったですね。まだ世界観はわからないですが、今までの作品で言うと全然違うかもしれませんが『星を追う子ども』に近いのかな?

 

それにしても楽しみです。

 


映画『天気の子』予報

 

「君の名は。」DVDスタンダード・エディション

新品価格
¥1,890から
(2019/4/29 08:55時点)