IRUK@BLOG

恋愛 / 心理 / 健康 / 栄養学 / マインド 体験談 雑記 / 書評 / 海外ドラマ 映画レビュー / これらをテーマにブログを更新中 詳しくは(https://www.irukablogdayo.com/entry/irukahairuka)

IRUKABLOG

車のハンドルを握ると豹変するやつwwwww

f:id:Teiii:20190327171041p:plain

 

こんばんは、初めまして、IRUK@(いるか)です。

 

普段は温厚で優しそうなのに車のハンドルを握った瞬間、口が悪くなったり、運転が荒かったりと、その人のギャップに驚いたことのある人もいるかと思います。また、自分がそういうタイプだったりする人もいるかもしれませんね。

 

僕自身、急いでいるときの渋滞だったり、前の車のスピードが遅かったりするとちょっと苛立ってしまうことがありました。

 

では、なぜ車のハンドルを握ると人は豹変してしまうのでしょうか?今回はそんな運転中の人の心理についてお話していきます。

 

 

運転中にキレてしまう人の心理

普段優しくて温厚な人が、ハンドルを握った瞬間に別人になったかのように口が悪くなったりするとびっくりしますよね。しかも、狭い車内でそのようなことが起きると少し気まずくなっちゃいます。

 

なぜハンドルを握ったとたんにこのように豹変してしまうのかというと、自分と車を同一化し、日頃ため込んでいるストレスがあふれ出てきてしまうからなのです。自分と車を同一化してしまうということは、人間よりも大きく、パワーがある車を操ることで、まるで自分自身が強くなったかのように錯覚してしまうわけですね。

 

また、車内という守られた空間にいることで、心のバリアも解けやすくなります。運転中に豹変してしまう人は、普段から欲求ストレスを上手に発散させられず、我慢をしているのかもしれません。

 

口が悪くなる以外にも、スピードを出し過ぎたり無理な追い越しをする、身体障害者用の駐車スペースに車を止めるなど、身勝手な行動が見られる場合もあります。

 

身近な人にこのような言動をやめてほしいときの対策

身近に運転中に豹変してしまう人がいて、その言動をやめてもらいたい場合、窓を開けるということが効果的です。

 

車というバリアの力が弱くなるため、それまで強気だった気持ちが少し和らぐはずです。また、窓を開けていると外に声が漏れてしまう可能性が出てくるので、それを気にして静かになります。

 

ただし、過剰に注意したり厳しく禁じたりすると、ストレスを発散する場所がないうえに、注意されることでさらにストレスが溜まって、そのストレスを実生活で発散するようになってしまうかもしれません。

 

ある程度は聞き流し、そっとしておいてあげるのも優しさのうちですね。

 

運転中以外でもこんなときに人の本性が見え隠れする

われわれ人間は、普段は人に対して優しさや思いやりを持って接しているものです。しかし、運転中以外でも人の意外な一面が見られる場合があります。

 

成人している方は経験したことのある人がほとんどだと思いますが、会社の飲み会で居酒屋などに行ってお酒に酔ったときに人の本性が出やすくなります。

 

たとえば、笑い上戸や泣き上戸、怒りっぽくなったり自分語りを始めたり、異性に甘えだしたり突然脱ぎ始めたり、色々ありますね。僕も笑い上戸になったり同じことを何度も繰り返し発言したり突然脱ぎ始めたりしていました。恥ずかしいですね。

 

これは、アルコールを摂取することで理性の働きを鈍らせ、本能や本音が表に出やすくなるからなんですね。お酒は飲んでも飲まれるなですね。

 

ほかにも、赤の他人と接するときにも本性が出やすかったりします。レストランの店員さんなどに横暴な態度で接したり、人ごみで他人を押しのけるなどがこれに当てはまります。

 

赤の他人に対してはあまり気を使わないため、その人の本性が出やすくなります。赤の他人にどのように接しているかで、その人の人間性がわかりますね。

 

まとめ

人間、特に日本人は自分を表現することが下手なことから、普段から色々なことを我慢していることが多いかと思います。ストレスをため込み、我慢しているほど何気ないときにこのような本性が表に出やすくなります。なので、隠れていた本性が表に出るというのは仕方のないことだと思っています。

 

われわれが、このように人の本性を見てしまったときは、そのギャップに引いてしまい「こんな人だったんだ」と失望するのではなく、ストレスや欲求がたまっているんだろうなと理解し合うことが大切だと考えています。

 

もちろん、一度その人のギャップを見てしまうと理解するのは難しいことです。しかし、普段は優しくて気の利く人だったら、少しずつ理解していってあげるのも優しさのうちかもしれませんね。