IRUK@BLOG

恋愛 / 心理 / 健康 / 栄養学 / マインド 体験談 雑記 / 書評 / 海外ドラマ 映画レビュー / これらをテーマにブログを更新中 詳しくは(https://www.irukablogdayo.com/entry/irukahairuka)

IRUKABLOG

もうすぐ本格的に夏なので『夏バテ対策』について話します。

f:id:Teiii:20190523163002j:image

 

こんばんは、初めまして、IRUK@(いるか)です。

 

最近だんだんとが近いづいてきましたね。まだまだ涼しいですが、梅雨が明けたら本格的に夏の始まりですね。

 

夏は、海や川で遊べるし、日が落ちるのが遅いし、虫の鳴き声が心地良いし、風のにおいが良いしで個人的に大好きなんですよね。寝るときに耳元に現れる蚊は鬱陶しいですけどね。

 

夏と言えば注意しなければいけないのが夏バテですね。夏バテで体調不良になると仕事や日常生活にも支障をきたします。

 

ということで今回は、そんな夏を乗り越える『夏バテ対策』についてお話します。

 

 

夏バテとは

高温多湿の暑い夏は、体がその環境についていけずに様々な不快症状が起きます。

 

おもに、体の不快症状が多く、だるさ疲れが抜けない睡眠不足食欲不振持久力や集中力の低下などが見られます。

 

電車の中や室内では冷房が強めに効いていることが多く、室内の気温と室外の気温の差が激しすぎて体温の調整がうまくいかず、体力を消耗し夏バテを引き起こします。

 

基本的に、室内外の気温差が5℃以上になると、体はその温度差についていくことが難しいと言われています。

 

急激な温度変化を防ぐためには、外から涼しい場所に移動したときは、上着を羽織るなどの対策をすると良いでしょう。

 

夏バテ対策

夏バテ対策は色々ありますが、一番重要なのが食事です。

 

夏場はどうしても食事のメニューが麺類や果物、アイスクリームなど、のど越しの良いもの偏りがちになってしまいます。

 

しかし、汗や尿でナトリウム、カリウム、カルシウムなどのミネラルが大量に流れ出てしまう夏は、糖質に偏りがちな食生活では乗り切ることが困難になってきます。

 

失われた多くのミネラルを補給するためにも、野菜やフルーツ肉や魚などのおかずもしっかりとることが大切ですね。

 

少量であってもバランスよく食事をすることは大切で、ミネラルが補給され、夏バテの症状が解消されることがあります。

 

たとえば、沖縄の郷土料理であるゴーヤチャンプルーは夏バテに優秀な料理と言われており、卵や豚肉、豆腐などのタンパク質や、ゴーヤのビタミンCなどが多く含まれています。

 

また、にんにくやにらなどの香味野菜、とうがらしや酢、スパイスは食材に香りをつけ、食欲を刺激してくれるので積極的に取り入れると良いでしょう。ただし、スパイスや辛い物のとりすぎは胃を壊す原因にもなるので注意が必要ですね。

 

ほかにも、冷たい物のとりすぎは夏バテを悪化させる可能性があるので注意が必要です。暑いときの冷たいジュースやビールは格別に美味いですが、夏バテのときは基本的に消化機能が弱っていますので、胃を刺激しないためにも常温の飲み物をゆっくりと飲むことが大切です。

 

ビールなどのアルコール飲料は、利尿作用があるので、夏場は特にお酒を飲む前後はいつもより多めに水分をとることを心がけましょう。

 

まとめ

僕も夏場に喉が渇いた時は、ついつい冷たいビールやジュースをがんがん飲んでしまうのですが、体には良くないので控えた方が良いですね。

 

温度差についても、涼しいとこで涼みたくなる気持ちも分かりますが、外に出たときに余計にしんどいので、涼む時間も自分の体と相談しながら決めることが大切ですね。

 

僕は、夏場に限らずですが、体を動かすのが好きなのでスポーツドリンクをよく飲むようにしていて、汗で失われたミネラルや水分の補給にもってこいなので、運動をしない方でも夏場はスポーツドリンクを飲むことをオススメします。

 

明治 ヴァームウォーターパウダー グレープフルーツ風味 5.5gx30袋

新品価格
¥1,586から
(2019/5/23 16:41時点)