IRUK@BLOG

恋愛 / 心理 / 健康 / 栄養学 / マインド 体験談 雑記 / 書評 / 海外ドラマ 映画レビュー / これらをテーマにブログを更新中 詳しくは(https://www.irukablogdayo.com/entry/irukahairuka)

IRUKABLOG

女性の感情を逆なでする男性の決まり文句20選!

f:id:Teiii:20190630112501j:image

 

こんばんは、初めまして、IRUK@(いるか)です。

 

ちょっとした会話がきっかけで男性が女性を怒らせ、ケンカへと発展することはよくあることだと思います。

 

そのときに男性は、無意識に女性が言われたら不機嫌になってしまう決まり文句を言ってしまっている可能性があります。

 

今回は、女性の感情を逆なでしてしまう男性の決まり文句を20個紹介していきます。

 

 

女性の感情を逆なでする男性の決まり文句20選!

自分の解決策に相手の女性が抵抗を示すと、男性は自分の能力が信頼されてないのだと感じます。その結果、相手を守ってあげようという気持ちは急激に減っていき、その話を聞こうとする気持ちも失せていきます

 

女性は具体的な解決策を求めているのではなく、ただ共感し、自分の話を聞いてくれることを望んでいます

 

女性がそのような気持ちでいるときに男性から口をはさまれ、感情を損ねてしまう心ないセリフの例を20個あげていきます。こういった言葉を相手の女性に投げかけると、相手は気持ちを閉ざし抵抗感を示すようになります。

 

1「そんなこと、全然心配する必要ないよ」

 

2「君が言うほど大きな問題じゃないと思うよ」

 

3「君はそう言うけど、僕は全くそう思わないね」

 

4「わかったわかった、悪いけどそのことに関しては忘れた方が良い」

 

5「文句ばかり言ってないで、実際にやってみることだね」

 

6「そんなに落ち込むなよ。僕はそういうつもりで言ったんじゃないよ」

 

7「だから、どうだっていうんだよ」

 

8「でも、そんな風に感じてはダメなんだ」

 

9「なぜそういうことを言うんだ。先週、僕は1日中君と一緒にいたじゃないか。楽しかっただろ?」

 

10「わかったわかった、もう忘れよう。」

 

11「よし、僕が庭を掃除する。それで君は気が済むんだろ?」

 

12「君が言いたいことはよくわかった。そういうことなら君はこうすべきだ。」

 

13「よく考えてみるがいい。このことについては僕たちはどうすることもできないだろう。」

 

14「もし君がそれほど不満なら、やらなければいいじゃないか。」

 

15「なぜ君は他の人間に対してそんな付き合い方しかできないんだ?だからそんな目に合うんだよ。なおすべきだ。」

 

16「もし君が不幸だと思っているなら、僕たちは離婚した方が良い。」

 

17「もういい。それだったらこれからは君の好きなようにすればいい。」

 

18「もちろん僕は君のことを思っているよ。そんなことを言うのは馬鹿げている。」

 

19「いったい君はなにを言いたいんだ?とりとめもない話ばかりしてないで要点をまとめて話してくれ」

 

20「問題の本質は、君の言っているようなことと関係ないんじゃないか?」

 

このような言い方は、女性の感情を逆なでし、反感を招くだけです。

 

男性がこのパターンを変えるには、このような言い方はやめて相手の話を黙って聞いてあげることが大切ですね。

 

ひとりよがりの思いやりや愛情表現をやめ、とにかく相手の話を聞くようになれば、相手の女性は悪い感情をやわらげ、感謝さえするようになるという経験を積むことができます。

 

まとめ

上であげたセリフを見て思い当たる節のある男性は多いのではないのでしょうか。女性も何度も聞いたことのあるようなセリフだと思います。このように男性の良い方は男性が思っているよりもパターン化されているんですね。自分も何度か上であげたようなセリフを言ったことがあります。

 

男性は問題を解決したがりますからね。上のようなセリフも悪気が無くて言っているわけではなく、要点をまとめて解決したがっているんです。

 

しかし、悪気がないとはいえ、このようなセリフを多用していると関係は悪化していくと思われます。まずは自覚をして、女性の話をしっかり聞くことから始めることが大切ですね。