IRUK@BLOG

恋愛 / 心理 / 健康 / 栄養学 / マインド 体験談 雑記 / 書評 / 海外ドラマ 映画レビュー / これらをテーマにブログを更新中 詳しくは(https://www.irukablogdayo.com/entry/irukahairuka)

IRUKABLOG

誰からも「できる!」と思われる 大人の語彙力ノート 齋藤 孝

f:id:Teiii:20190526160355j:image

 

こんばんは、初めまして、IRUK@(いるか)です。

 

言葉というのは不思議なもので、同じ意味の言葉でもニュアンスだとか言い方などで相手に伝わる意味も変わってきますよね。

 

特に最近の若者は、言葉遣いがなってない、語彙力が乏しいなどとも言われていますよね。腹が立ちますね。事実なので仕方ないですが。

 

ということで今回は、若者の僕がどんな状況でもちゃんとした言葉遣いができるようにと買った齋藤 孝さんの『大人の語彙力ノート』の書評をしていきます。

 

 

書評

目次

 

第1章 「普段の会話で品よく見せる」語彙力ノート

 

第2章 「お願いする」ときの語彙力ノート

 

第3章 「言いづらいことを言い換える」語彙力ノート

 

第4章 「気持ちを伝える」語彙力ノート

 

第5章 メール・口グセで自分を下げない「同じ言葉の繰り返しをなくす」語彙力ノート

 

第6章 会議・打ち合わせで「できる!」と言われる語彙力ノート

 

第7章 「訪問・宴会・手紙で使える」語彙力ノート

 

第8章 センスが伝わる「季節の言葉」ノート

 

本書は、こちらの8章で構成されています。

 

冒頭でも言いましたが、若者は語彙力が乏しく、同じ言葉若者言葉ばかり使うイメージがありますよね。僕も語彙力が乏しく、同じ言葉や若者言葉ばかり使っています。

 

本書も、以前紹介したビジネスマナーBOOKと同様に、接客業をやっていたときに購入しました。

 

接客業をやるからには、どんなお客様にも対応できるように言葉のレパートリーが多い方が良いと思ったからです。

 

本書の良いところは、様々な状況でどのような言葉を使えば良いのか書いているところや、普段使っている言葉はこういう風に言い換えるんだよ、ってところを丁寧に書いているところです。

 

また、ビジネスなんかでよく使われる、横文字言葉なんかの解説も書かれています。よく横文字言葉を多用する人がいますがちょっと何言ってるか分からないですよね。そういうときに役立ちます。

 

僕は、第5章のメール・口グセで自分を下げない「同じ言葉の繰り返しをなくす」語彙力ノート、が一番普段の生活でも役立っていて、同じ言葉ばかり使っていましたからこの言葉はこういう風にいうのか、というのが結構書かれていました。

 

こういった語彙力などの本を読むと、体感的に語彙力が増えた気になりますが、普段の生活でどんどん使っていかないとあまり意味がないですよね。

 

なので本書は、喋ることが多いビジネスマンの方や接客業をしている方、文字を書くことが多いブロガーさんやライターさん、ちょっとした取引をしている方にもオススメの1冊です。

 

まとめ

語彙力を身に付けたいと思って本書を購入しましたが、正直言葉なんて意味が通じてコミュニケーションが取れればそれで良いと思っています。いちいち人に対して言葉を変えたり、難しい敬語や丁寧語を使うのってストレスですもんね。

 

しかし、ビジネスをやるからには、やはり若者言葉や同じ言葉を使うんじゃなくて、その人、その場に合った喋り方ができるようになると今後も生きていきやすいのかな、なんて思っています。

 

いざというときのために語彙力を身に付けたい方にはオススメの1冊です。

 

大人の語彙力ノート 誰からも「できる! 」と思われる

新品価格
¥1,404から
(2019/5/26 16:18時点)