IRUK@BLOG

恋愛 / 心理 / 健康 / 栄養学 / マインド 体験談 雑記 / 書評 / 海外ドラマ 映画レビュー / これらをテーマにブログを更新中 詳しくは(https://www.irukablogdayo.com/entry/irukahairuka)

IRUKABLOG

あなたは毎日ちゃんとした睡眠がとれていますか?いつの間にかはまっている『眠りの借金地獄』について

f:id:Teiii:20190404185231p:plain

 

こんばんは、初めまして、IRUK@(いるか)です。

 

人間の1日の時間は24時間と限られていて、この1日の間に、自分がやりたいこと、やらなければいけないこと、家族との時間や自分だけの時間など時間配分も人それぞれですね。

 

残業などで夜遅くまで仕事していたり、ついついゲームをやり過ぎたり、インターネットにのめり込んだりして夜更かししてしまったりなどの理由で、十分な睡眠、質の良い睡眠がとれていない可能性があります。

 

今回は、睡眠負債(眠りの借金)についてお話していきます。

 

 

眠りの借金

今までに、自分が睡眠不足だと感じたことがある方というのは少なくないと思います。この睡眠不足ですが、「ちょっと寝てないだけだから、大丈夫」といったニュアンスで、問題視されていないように思います。

 

しかし、睡眠に関しての研究者は、睡眠が足りていない状態を睡眠不足ではなく、睡眠負債という言葉で表現しています。というのも、睡眠も借金と同じで、不足がたまって返済が滞ると首が回らなくなり、最終的には脳も体も動かなくなる眠りの自己破産を引き起こしてしまうからです。

 

睡眠をお金として考えた時に、「1万円お金が足りない」というと、解決できますし大した問題ではありませんよね。しかし、「1万円負債がある」といった場合、それはどんどん増えていくイメージがあります。なぜなら借金には利子がつくからです。

 

このことから、睡眠負債には、睡眠時間が足りないことによって、簡単には解決しない深刻なマイナス要因が積み重なっていくという意味が含まれています。

 

自分では気づかないうちにたまっていく眠りの借金、これは、脳と体に危険因子が蓄積されていてとても危険な状態なのだが、これに関して無頓着な人が多いのが現状です。

 

飲酒運転より危険な脳の居眠り

飲酒運転や薬物を摂取した状態での運転が危険だということはよく知られていますが、睡眠負債を抱えた人の運転というのも、これと同じように危険なものです。

 

違法でなく、自分で危ないということに気付いていない場合は、飲酒運転よりも危険と言えるかもしれませんね。

 

睡眠負債がある人は、日中の活動に大きく影響を与えていて、普通に起きているように見える人でも、全ての機能が正常に働いていない可能性が高いのです。

 

アメリカの学会誌『Sleep』に発表されている実験で、内科などの夜勤がある科と、放射線科や内分泌科などの夜勤がない科の医師20名を対象に翌日の覚醒状況を比較したというものがあります。

 

実験内容は、タブレットの画面に丸い図形が約90回ランダムに出現する画像を5分間見て、図形が出るたびにボタンを押す、という単純作業です。

 

その結果、夜勤がない科の医師たちは正確に図形に反応したが、夜勤がある科の医師たちは図形が約90回出現するうちの3、4回も数秒間図形に反応しなかったという結果となりました。

 

夜勤がある医師たちが陥った状態を、マイクロスリープ(瞬間的居眠り)と言い、1秒足らずから10秒程度の眠りのことを指し、脳を守る防御反応と言われています。睡眠負債というのは、この防御反応が出てしまうくらい脳に悪いということですね。

 

マイクロスリープは、たかが数秒と思うかもしれませんが、時速60kmで運転していた場合、4秒間意識が飛ぶと、体感的に約70m車が瞬間移動することになります。

 

僕も睡眠負債の状態で車を運転して、このように車が瞬間移動したことあるので、運転中に眠くなってきたと感じたらすぐに仮眠をとるようにしています。

 

日本は世界一睡眠偏差値が低い国

日本には、睡眠負債を抱える睡眠不足症候群の人が、海外の人に比べて多いというデータがあります。

 

フランスの平均睡眠時間が8.7時間、アメリカの平均睡眠時間が7.5時間なのに対し、日本の平均睡眠時間は6.5時間とかなり睡眠時間が少ない状態だと言えます。

 

しかし、日本の平均睡眠時間は6.5時間ですが、日本人はこの平均時間寝れていれば良い方で、日本人には、睡眠時間が6時間未満の人が約40%もいると言われています。アメリカでは、6時間未満の睡眠は短時間睡眠と言われている数値です。

 

睡眠には個人差がありますから、日本人が6時間睡眠に適していて、それで十分というのなら話は別ですが、6時間しか寝ていない日本人でも、「7.2時間くらいは寝たい」と感じているという調査結果が出ており、この眠りたい時間と実際の睡眠時間の差が外国に比べて大きいのが日本の現状です。

 

NHKの調査でも、日本人の睡眠時間は年々短くなっていて、深夜まで覚醒している人も少なくそうです。

 

まとめ

僕も睡眠負債がたまりまくりで、脳にも体にも悪影響が出ていた時期がありました。今でもちょっと良い睡眠を取れているとは言えないので、これからマイペースに良い睡眠を手に入れていきたいですね。

 

この睡眠にも個人差があって、本当に睡眠時間が6時間未満でも生活になんの支障もないショートスリーパーの方もいますが、このような方は遺伝の影響を受けているうえに、ほんの一握りしか存在しないので、起きている時間のパフォーマンスを最大限にするためにも、睡眠はしっかりととるようにしていきましょう。

 

 

参考書

スタンフォード式 最高の睡眠

新品価格
¥1,620から
(2019/4/4 19:11時点)