IRUK@BLOG

恋愛 / 心理 / 健康 / 栄養学 / マインド 体験談 雑記 / 書評 / 海外ドラマ 映画レビュー / これらをテーマにブログを更新中 詳しくは(https://www.irukablogdayo.com/entry/irukahairuka)

IRUKABLOG

『睡眠不足』が人体にもたらす影響

f:id:Teiii:20190516171302j:image

 

こんばんは、初めまして、IRUK@(いるか)です。

 

みなさんは毎日ちゃんとした睡眠が取れていますか?朝起きて夜になったらちゃんと寝る、簡単なようですが、この睡眠に悩まされている人が多いのが現状です。

 

僕も最近までは、睡眠不足というわけではないのですが、昼夜逆転生活だったので睡眠には悩まされていました。今でも油断すると昼夜逆転してしまいます。

 

睡眠不足は疲れも取れないし体に良くないというのはもうとっくに知っている人も多いと思いますが、今回は、具体的に睡眠不足の状態はどれほど体に悪いのかということについてお話します。

 

 

睡眠不足になると

忙しいビジネスパーソンの方だと、睡眠不足が原因で疲れが溜まったり、肌が荒れたり、胃腸の調子が悪くなったりしたことがあると思いますが、実際に睡眠不足は体にこのような悪い影響を与えます。

 

これはどのような仕組みなのかというと、睡眠に大きく関わるメラトニンという物質には、眠気をさそう以外にも、老化の原因と言われている活性酵素を中和体内のデトックス(体内に溜まった毒物を排出させること)を促す作用がありますが、このメラトニンが分泌されないと体の解毒が進まずに免疫力が低下し、様々な病気に対する抵抗力が少なくなってくるんですね。

 

メラトニンには、皮膚などの新陳代謝を活発にする役割もあり、肌にできてしまった出来物も、睡眠不足によりデトックス作用が働いていなかったひとつの証拠と言えますね。

 

また、メラトニンにはガン細胞を中和する働きもあると考えられています。普段どんなに健康体であっても、僕たちの体は日々数千単位のガン細胞を作り出しています。これらのガン細胞や体の外から入ってくるウイルスや病原体と免疫細胞が戦ってくれることにより、僕たちの体は日々健康に保たれています。

 

免疫細胞の中でも重要なのがTリンパ球というもので、このTリンパ球はメラトニンによって強化されることが分かっています。

 

メラトニンをたくさん分泌し、免疫機能を強化するには、豆電球や手元の明かりを付けず、足元の安全は確保しつつ明かりを完全に遮断し、メラトニンの分泌のゴールデンタイムである22時~2時の間にしっかり眠っておくことが大切です。

 

また、アメリカの学者、クリプケの研究によれば、高齢者の生存率が最も高かった睡眠時間が6時間半から7時間半だということも分かっています。

 

このように、睡眠不足は健康美容長寿など、様々なことに悪い影響を与えます。日々健康体で過ごし、日中に良いパフォーマンスをするためにも睡眠は必須と言えますね。

 

適切な睡眠時間は人によって多少異なりますので、目覚ましを使わずに起きてもっとも頭がスッキリする睡眠時間が何時間だったかを探してみるのも良いですね。

 

まとめ

睡眠の悩みは人それぞれだと思いますが、日常生活に支障をきたしているようであれば、一度精神科医など専門の意思に相談することをオススメします。

 

僕は結構睡眠に悩まされていたので、最近では寝具にこだわるようになりました。1日の約3分の1の時間を睡眠にあてなければならないくらい睡眠は大事なので、どうせなら気持ちよく質の高い睡眠をとれた方が良いですもんね。

 

質の良い睡眠をとるには習慣化が一番大切だと思っているので、最初はツライですが、決めた時間に起きて早く寝るということを繰り返していくのが大切ですね。

 

枕 安眠 人気 肩こり 低反発 まくら 安眠枕 快眠枕 いびき防止 首・頭・肩をやさしく支える 通気性抜群 抗菌 防臭 50*30cm 洗える

新品価格
¥2,480から
(2019/5/16 17:29時点)

MyeFoam マットレス 高反発 シングル 敷布団 ベットマットレス 無重力睡眠 「超ぐっすりで首、肩や腰の悩みから解放」 防ダニ 抗菌防臭 厚さ3cm カバー洗える

新品価格
¥5,980から
(2019/5/16 17:30時点)