IRUK@BLOG

恋愛 / 心理 / 健康 / 栄養学 / マインド 体験談 雑記 / 書評 / 海外ドラマ 映画レビュー / これらをテーマにブログを更新中 詳しくは(https://www.irukablogdayo.com/entry/irukahairuka)

IRUKABLOG

【栄養素】タンパク質とは

f:id:Teiii:20190412174039j:image

 

こんばんは、初めまして、IRUK@(いるか)です。

 

筋トレの最大の味方と言えばタンパク質ですね。三大栄養素の1つでもあります。

 

タンパク質は、何度も耳にしたことがあると思うのですが、実際に体にどのような効果があるのか詳しく知っている人は少ないと思います。

 

そこで今回は、そんなタンパク質について詳しくお話していきます。

 

 

タンパク質とは

タンパク質は、20種類のアミノ酸の組み合わせによって作られたもので、性質や働きが異なるタンパク質は10万種類もあります。

 

これが、僕たちの骨格筋肉皮膚毛髪内臓などのあらゆる組織を構成しているんですね。

 

体の中のタンパク質というのは、分解合成を繰り返しながら体内で一定の量を保っています。食事由来のタンパク質から分解されたアミノ酸は、身体組織が分解されてできたアミノ酸と一緒になり、血液や骨格筋などに貯蔵されます

 

そして、必要に応じてアミノ酸から、新しいタンパク質が合成されて組織が作られていくということなんですね。

 

人の体は、常にタンパク質の合成と分解を繰り返しているので、1日の3食から常にタンパク質を摂取することが大切です。タンパク質はおもに、大豆食品などに多く含まれています。

 

とりすぎ・不足したとき

タンパク質をとりすぎたとき、不足したときに人間の体にどのような影響をもたらすのか、ということについて説明していきます。

 

とりすぎたとき

・とりすぎた分は、尿中に排泄されるため、血液をろ過する腎臓に負担がかかります。

 

・糖の代謝に関連するホルモンであるインスリンの働きが悪くなることがあります。

 

・カルシウムの尿中排泄量が増加し、骨粗鬆症の原因になることがあります。

 

不足したとき

・体力や思考力の低下など、体全体の機能低下につながります。

 

・乳幼児や成長期の子どもの場合は、成長障害が起こる可能性があります。

 

免疫力が低下します。

 

 

アミノ酸の種類と働き

アミノ酸には、必須アミノ酸と非必須アミノ酸の2種類があります。

 

必須アミノ酸は、体内で合成できないもしくは合成量が少ないため、食事で積極的に摂取する必要があります。

 

非必須アミノ酸は、体内で合成できますが、重要な働きがあります。

 

これらのアミノ酸の詳しい種類やその働きを説明していきます。

 

必須アミノ酸

・イソロイシン

筋肉を強化、成長を促したり、肝臓などの働きを高めます。

 

・ロイシン

筋肉を強化したり、肝臓の働きを高めます。とりすぎると免疫力低下の可能性があります。

 

・リシン(リジン)

成長を促し、身体組織の修復に関係しています。代謝促進などの効果もあります。

 

・メチオニン

抑うつ効果があり、体の構成成分にもなります。

 

・フェニルアラニン

ドーパミンなどの神経伝達物質の材料になります。血圧を上昇させるなどの効果もあります。

 

・トレオニン(スレオニン)

脂肪肝を予防、成長の促進、酵素の材料になるなどの効果があります。

 

・トリプトファン

セロトニンなど神経伝達物質になります。鎮痛作用があり、免疫力を高めます。

 

・バリン

筋肉を強化、体の成長を促したり、血液中の窒素量を調整します。

 

・ヒスチジン

幼児の発達に必要で、神経機能を補助します。

 

非必須アミノ酸

・アルギニン

成長ホルモンを合成するため、子どもの場合は必須アミノ酸に含まれます。

 

・アラニン

肝臓のエネルギー源としても利用されており、糖の原料にもなります。

 

・アスパラギン酸

新陳代謝を高め、疲労回復、スタミナ増強、持久力を高めます。

 

・シスチン(システイン)

メラニン色素の生産を抑え、毛髪や体毛に多く含まれるアミノ酸です。

 

・グルタミン酸

脳や神経の働きを助け、疲労回復効果があります。だしのうまみ成分の1つです。

 

・グリシン

体内に広く分布しており、コラーゲンやヘモグロビンの材料としても重要です。

 

・プロリン

グルタミン酸から合成されるコラーゲンの材料です。天然保湿成分はこれのことを言います。

 

・セリン

脳の神経細胞などの材料になります。睡眠改善の効果もあります。

 

・チロシン

アドレナリンやドーパミンなどの神経伝達物質の材料になります。

 

・ヒドロキシプロリン

プロリンが変化してできたもので、肌の中のコラーゲンを安定させます。

 

まとめ

ただ単にタンパク質といっても、これだけの種類や働きがあって本当に奥が深いですよね。この働きを知っていると、タンパク質が普段生活していくのに必須の栄養素であるということが分かりますし、特にお子さんがいる場合には、栄養管理なんかもできますね。

 

僕はよく筋トレをやっているのですが、市販のプロテインをよく飲んでいて、このプロテインは筋トレをやっていない方にもオススメで、タンパク質はもちろんビタミン葉酸などの様々な栄養素が含まれています。

 

また、こちらは大豆由来のソイプロテイン100%なので、美容に嬉しいイソフラボンも効率的にとることができ、健康的な生活をサポートしてもらえますし、美容などにも効果的です。

 

しっかり食事をとることが前提ですが、このようなプロテインは、タンパク質が不足しているなと感じたときに手軽に摂取にすることができるのでオススメです。

 

明治 ザバス ソイプロテイン100 ココア味【15食分】 315g

新品価格
¥1,790から
(2019/4/12 18:34時点)