IRUK@BLOG

恋愛 / 心理 / 健康 / 栄養学 / マインド 体験談 雑記 / 書評 / 海外ドラマ 映画レビュー / これらをテーマにブログを更新中 詳しくは(https://www.irukablogdayo.com/entry/irukahairuka)

IRUKABLOG

「都会の人は冷たい!」ってよく聞くけどそうでもなかった

f:id:Teiii:20190518165559j:image

 

こんばんは、初めまして、IRUK@(いるか)です。

 

僕は、バチバチの田舎に住んでいるのですが、旅行が好きで特に東京が大好きなのでよく東京に行きます。大阪もたまに行きます。

 

昔から都会の人は冷たいというのは聞いていたので、一人で初めて東京に行ったときもちょっと不安でしたが、冷たいというのは正直あんまり感じませんでしたね。というよりせわしないなという印象を持ちました。

 

ということで今回は、なぜ都会の人は冷たいと思われているのかについてお話していきます。

 

 

なぜ都会の人は冷たいと思われているのか

都会の人は「困っている人を見ても助けない。周囲の人に対して無関心の冷たい人たちだ」というイメージをもたれることが多いですよね。

 

多くの人がいながら誰も困っている人を助けないのは、たしかに冷たい印象を受けます。しかし、多くの人がまわりにいる方が、困っている人を助けないということが分かっています。

 

これはどういうことかというと、困っている人がいてまわりの人たちがそれを放置していると、「誰も助けようとしないから大丈夫だろう」「自分もまわりに合わせよう」「自分だけ目立ちたくない」といった意識が働くんですね。その結果、多くの人がいるけど誰も助けない、ということになります。

 

このように、多くの人がいることで、一人一人の責任感が薄れてしまっていることを傍観者効果と言います。

 

「人を助ける心理」について本格的に研究が始まるきっかけとなった事件があって、それが、1964年にニューヨークで起こったキティ・ジェノバーズです。

 

女性が暴漢に襲われたとき、目撃者や叫び声を聞いた人がたくさんいたにも関わらず、誰も警察に通報しませんでした

 

その結果、女性は死亡してしまい、マスコミは「都会の人は冷たい」と大きく報道して注目を集めました。

 

この事件がきっかけで、「都会の人は冷たい」というイメージをもたれるようになりましたが、東日本大震災のときは、助け合う都会の人々の姿が報道されたことで、「都会の人は冷たい」というイメージも少しずつ変わってきているのかもしれません。

 

ニューヨークで行われた実験によると

社会心理学者のビブ・ラタネとジョン・ダーリーによる実験で、1人の学生にニューヨークの通りでけいれん発作が起きたフリをしてもらい、そのときの通行人の反応を調べるというものがあります。

 

通行人が1人だけのときは、学生を助けるという行動に出た人が85%でしたが、通行人が5人以上のときは、学生を助けるという行動に出た人はたったの30%でした。

 

これは上でも説明した傍観者効果があらわれた結果だと言えます。

 

まとめ

田舎だとか都会だとか関係なく、人が多いところだとこのような現象が起こりやすくなります。都会では、つねに人が多いので田舎の人に誤解されているだけかもしれませんね。

 

まわりが誰も行動してない状態で、最初の一人になるのは勇気のいることですが、一人一人が困っている人を見付けたら助けるという意識で行動すると、世界はもっと良くなるかもしれませんね。

 

一人一人がヒーローであり続けたいものです。