IRUK@BLOG

恋愛 / 心理 / 健康 / 栄養学 / マインド 体験談 雑記 / 書評 / 海外ドラマ 映画レビュー / これらをテーマにブログを更新中 詳しくは(https://www.irukablogdayo.com/entry/irukahairuka)

IRUKABLOG

『夜遅い食事は肥満になりやすい』は本当か?

f:id:Teiii:20190418170650j:image

 

こんばんは、初めまして、IRUK@(いるか)です。

 

なぜか夜になるとお腹がすいてきて、我慢できずに夜食を食べてしまう、という経験をしたことはありませんか?

 

「夜の食事は太りやすい」「体に良くない」なんてことをなんとなく聞いたことのある人も多いと思いますが、果たして本当に夜の食事は太りやすいのでしょうか?

 

今回は、夜の食事が人の体にもたらす影響についてお話していきます。

 

 

本当に夜の食事は太りやすいのか?

結論から言いますと、朝、昼の食事と同じカロリーでも、夜の食事は体脂肪の増加が激しく、特に夜10時から2時にかけての食事の大部分は脂肪になるので、太りやすいというのは本当のことなんですね。

 

毎日決まった時間に食事をしようと思っても、忙しいビジネスパーソンの場合、自分の思った通りに仕事を調整できないことも多いでしょう。

 

時には、夜遅くまで残業をしたり、徹夜をして締め切りに間に合わせるという日もあると思います。

 

そんな忙しいときの気晴らしやエネルギー補給として、ついつい取ってしまうのが夜食ですね。

 

しかし、夜食は体に負担をかけ、さらに太りやすくなるということがわかっており、夜は食べたあと寝るだけで活動量が少なく消費エネルギーが低いため、余分なエネルギーは体脂肪として蓄積されやすくなるということなんですね。

 

さらに、夜は食事をしたときに胃や腸で食べ物を消化・吸収するために消費されるエネルギーであるDIT(食事誘導性熱産生)が低いこともわかっています。食後に体がポカポカするのはこのためですね。

 

このDITの分泌量は、朝が一番高く、夕方から減少していき、夜には最も低くなります。食べる量が同じでも夜の方が、食べたもののエネルギーがDITとして消費されることなく体に蓄積されていくので、太りやすいと言えます。

 

上でも述べましたが、特に夜の10時から2時までの4時間の間は、BMAL-1(ビーマルワン)という体に脂肪を付ける時計遺伝子が最も多く分泌されるため、この時間帯に食べたもののほとんどが脂肪に変化されてしまいます。

 

どうしてもお腹がすいて、夜食を食べたいと思った場合、体にあまり負担がかからないメニューがあるので、次の章でご紹介します。

 

夜の食事は疲れの原因にもなる

夜遅い、または寝る前の食事は、太りやすくなるだけではなく、疲れの原因になるということもわかっています。

 

これは、寝る前に食事をとってしまうと、眠っている間にも消化器官を動かすことになり、体が休まらず疲れが取れないといったことに繋がるんですね。

 

さらに、朝に空腹感を感じづらくなり、朝食を抜いてしまい、1日の生活リズムを乱してしまうという悪循環になることもあります。

 

夜食をとるときは、胃腸への負担を考えたメニューを選ぶ必要があります。特に脂っこいものは胃もたれの原因になるので避けた方が良いでしょう。

 

白身魚や豆腐、温野菜、うどん、野菜スープ、牛乳、ココアなどの低エネルギー・低脂肪の食材を選ぶと良いです。自分で調理する場合でも、なるべく油は使わずに茹でる・蒸すなどの調理法がエネルギーを抑えることにもつながり理想的です。

 

まとめ

なぜか一番太りやすくなる時間帯にお腹がすいてきますし、不思議なことに夜食ってなぜか美味しく感じますよね。かなりリスキーですよね。

 

僕も夜食を食べることがありますが、油物は避け、少量のうどんなんかを食べるようにしています。

 

仕事や勉強で忙しい方は、決まった時間に食事がなかなかとれず、やむを得ず夜食をとるという方も多いと思います。このような場合、特に昼や夕方にあまり食事がとれていない場合は、太りたくないからと夜食を避けたくなる気持ちはわかりますが、生きていくためには我慢して食べないよりは食べた方がましなので、ちょっとでも食べ物を口に入れてエネルギー補給をした方が良いです。

 

その際には上で紹介したような低エネルギー・低脂肪の食事を心がけるようにしましょう。